山旅

山行記録と山や花の写真を公開しています。

雨の中・・・

16年5月17日 (火)雨

雨の中、「ゆい」の街中ハイクで栃木市に行ってきました。
出発時の桐生でも雨でしたし、予報は一日雨ですから、覚悟しての街中ハイクです。
JR栃木駅には9時半には到着し、本降りの雨の中出発し、往路は巴波川沿い北上しながらを歩き、帰り道は、例幣使街道を南下して栃木駅まで、のんびり3時間半、雨中の街中ハイクでした。

街中ハイクもあまりしたことはありませんし、ましてや雨中のハイクですから、どうなることやら心配でしたが、けっこう楽しんで歩いてきました。
巴波川沿いを、校外学習なのでしょうか、中学生が歩いていたので、
s-05・17栃木市 (20)

代官屋敷跡ということですが
s-05・17栃木市 (30)

昼食以外は歩き通しでしたからけっこうな疲れです。帰りの電車、ゆりかごのようで、すっかり寝入ってしまいました。
桐生ではすっかり雨も上がっていました。桐生に到着の後は「ゆい」でお茶をいただき、ホッと一息ついてから帰宅しました。
ご一緒した皆さん一日有り難うございました。





スポンサーサイト
  1. 2016/05/19(木) 09:47:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0 | page top↑

猛暑

15年8月5日 (火)晴

記録的な猛暑が続く中「ひまわり」の撮影に3人で行ってきました。中之条の山の上だというので、少しは涼しいと思いましたが、さにあらず、暑さは変わりませんでした。
それでも写真は撮ったので、アップします。

s-08・05大岩フラワーガーデン (54)

s-08・05大岩フラワーガーデン (46)

s-08・05大岩フラワーガーデン (35)

s-08・05大岩フラワーガーデン (53)

s-08・05大岩フラワーガーデン (24)

パノラマで
s-03_20150806114901eae.jpg

ひまわりの写真はよけいに暑さを感じてしまいますかね。
早く出かけましたし、思っていたほど時間もかかりませんでしたから、ひまわりの後は、赤城山覚満渕に寄ってきました。
覚満渕の写真は後日・・・。
  1. 2015/08/06(木) 11:50:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0 | page top↑

蝋梅

15年1月17日 (土)晴

知り合いに誘われて、松井田町の「ろうばいの郷」まで行って来ました。ここの蝋梅は数も多いし場所が良いのでしょうか人も多く訪れていました。
早速場内に入り、甘い香りの中での写真撮影でした。青空とのコンビネーションも良く結構な枚数の写真を撮りました。

駐車場から
s-01・17ろうばいの郷 (56)

園内で
s-01・17ろうばいの郷 (1)

s-01・17ろうばいの郷 (44)

s-01・17ろうばいの郷 (19)

妙義山とコラボ
s-01・17ろうばいの郷 (38)

もう1枚妙義山と
s-01・17ろうばいの郷 (55)

園内で販売している、焼きそばで軽く昼食にしてから帰宅しましたが、たまにはこんな写真撮影も楽しいものですね。
追い追いこんな写真が多くなってくる感じはしますが、山の写真もまだまだ諦められません。
  1. 2015/01/18(日) 09:43:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0 | page top↑

美術館

10年8月24日 (火)晴

今日は美術館に行って来ました
カミさんとカミさんの友達と3人で茨城県の北茨城市にある天心美術館です
朝6時半にカミさんの友達の家へ・・・
足利から新しく開通した北関道の田沼ICへ 北関道から 東北道 北関道 常磐道を走り北茨城ICで
下りるとまもなく「茨城県天心記念美術館」です 約3時間で北茨城市まで来るのですから高速道路は
ありがたいです
s-8・25 010
9時半から約2時間かけて まずは天心関係の展示物を見てから目当ての日本画の企画展を・・・・
「いのちのかかやき」花鳥画の現在と題した企画展をじっくり見ました
日本画のテーマの花鳥を描いたもので 日本画の伝統的な技法を使いながらも個性豊かな作品の数々は
圧倒的な迫力でした 
それにしても 茨城県は立派な美術館が沢山ありますなぜなのでしょうか・・・・・
文化の程度が高いのでしょうね
昼食は近所の「大観荘」へ
s-8・25 018
ここの展望レストラン椿で海鮮丼をいただきました
レストランからは五浦海岸にある天心が作らせた建物で 当時は若手の画家であった
横山大観等に研鑽 制作をさせたという六角堂が眼下に見えました
食事の後は 対岸の展望台に 展望台ではレストランから見えた六角堂の景色が反対に見えます
s-8・25 022
六角堂の赤と海の青 岩の白さが それだけでも絵になります

展望を楽しんだ後は平潟魚港へ
s-8・25 030
ここは出来れば漁船が入ってくる朝の賑やかな漁港を見たいものです それには泊まりがけできなければ
なりませんから今日はロケハンですか・・・
今日はここで帰路につきます 帰り道 野口雨情記念館に寄りました
s-8・25 036
ここで思わぬことに「斎藤清」の版画展が開催されていました
野口雨情の資料は私にはあまり興味はなかったのですが・・・・
斎藤清の版画展はもうけものでした ちょっと言葉が悪いですかね
帰りは往路をもどりましたが ちょうど勤め人の帰宅時間にかかり朝よりは少し時間がかかりました
それでも我が家に6時ごろは帰宅できました
日帰りの足早見学でしたがけっこう充実した美術館巡りでした
平潟港は絵の題材が多かったです 同好の人たちときて見たいものです
  1. 2010/08/25(水) 14:38:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0 | page top↑

美術館・・・・

10年7月21日 (水)晴

茨城県笠間市の美術館に行ってきました
カミさんとカミさんの友達と3人です カミさんと美術館に行くのは久しぶりです
朝6時30分にカミさんの友達の家に迎えに行きました
菱周りで50号に出て東北道に乗りました そして北関東道の笠間か友部までと思っていましたが
なぜか ナビは真岡で高速を降ろします そのときは気が付きませんでした
ここからのほうが美術館に近いのかと思い美術館の会館時間には充分間に合いますし
ナビの案内するままに美術間に着きました 開館時間までまだ15分ほど早く駐車場で
待ちました 笠間日動美術館初めてです 今日は動物写真家の岩合光昭さんの企画展
動物は世界の宝物という写真展が目当てでした 
開館と同時に入館して見学者のいない会場でじっくりと見させてもらいました
広い展示室を3部屋も使ったかなり大規模な写真展で3人で感動しながらの鑑賞でした
その後は敷地内の別棟の美術館所蔵の絵画(常設してある)もじっくりと見させていただきました
日動美術館はもともとは個人の資産家が自分で収集した作品を並べるために建設したそうです
それにしても立派な美術館でした 広大な敷地を巧みに利用して建てられた建物は
3階建ての建物2棟と5階建ての建物1棟がそれぞれ独立した展示を見せていました
所蔵してある絵画や彫刻も見事でした 世界各地の名高い作家の作品でした
室内は撮影禁止ですから 通路や背景の竹林などの写真を撮ってみましたが
なにせ世界の巨匠の作品を見た後ですから写真といっても????です
庭や通路に並べてある彫刻群の一部です
s-07・21 001
背景の竹林
s-07・21 006

s-07・21 010
通路にあった彫刻の一つ
s-07・21 014
4時間近くいましたが15~6枚の写真を撮っただけでした
巨匠といわれる作家の作品に圧倒されたのですかね・・・・
その後3キロほど離れれた日動美術館の別棟なっているところまで移動しました
そこは北大路魯山人が生前住んでいた北鎌倉の自宅を移築した建物を往時のままに復元して
見せていました

遅い昼食の後は芸術の森公園内の陶芸美術館へ
ここも日本の著名な作家の作品の数々が展示してあって見ごたえがありました
陶芸は見るのは好きですが作家の名前はほとんどわかりません
詳しく知っている人にはたまらない展示館なのでしょうね 普段の日にもかかわらず
大勢の人で賑わっていました
1日で見るのはちょっとしんどかったです

帰りは友部から高速で帰ろうとナビを設定しました
友部ICに入ると東京方面にナビが案内します ここではまだ気が付きません
常磐道を走り出して気が付きましたナビは新しく開通した北関東道を知りませんでした
迂闊でしたナビは東京周りで案内したのです あわてて次のICで降りて引き返しました
朝 真岡で降ろされたのもナビが北関東道を知らなかったせいだったのですね
ナビ頼りの失敗談になってしまいましたが その後は順調に桐生へ帰りつくことが
できました
一日楽しい旅でした・・・・・よ(^^: 
  1. 2010/07/22(木) 22:25:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0 | page top↑
次のページ

プロフィール

のぶおおさん

Author:のぶおおさん
絶滅危惧種で鳴神山に
咲く「カッコソウ」です


「雑木頂」
日々の想いを書き綴っています

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近のトラックバック