山旅

山行記録と山や花の写真を公開しています。

春をさがしに・・・三毳山

08年2月29日 (金)晴
今日は春を探しになどと少し気取って佐野市の三毳山へ、
Sさんがテレビで三毳山のミスミソウが見ごろだという
ニュースを見て行ってみようと誘われたので昼食の後Sさんと出かけることに・・・・・
13時ごろSさんがわが家へ迎えに来てくれる、
約1時間で50号沿いの三毳山の駐車場に到着、山といっても花の
咲いているところは駐車場のすぐそばで歩くこともなく「ミスミソウ」の咲いている
場所へ・・・花は確かに見ごろで写真もそれなりに撮ったあとまだ違う色の
花があるかなと、花を眺めていたら反対側で私より少し年配かな
という夫人が体調を崩したのか顔面蒼白で足をもつらせているのを目撃する、
そばへ行って声をかけると足が震えて動けないというので、休憩できるところまで
背負っておろして、後は一緒に来ていた人に任せて戻り写真撮影を・・・・・。
少しでも人助けができたというのは自分でも嬉しいもんですね。
今日はそんなことがあったので写真はどうであれ気持ちが高揚した半日でした。
ミスミソウの写真は色違いの花をいろいろ撮ったのでアップします。
s-08・02・29 001

s-08・02・29 008

s-08・02・29 011

s-08・02・29 013

s-08・02・29 016

s-08・02・29 019 のコピー

s-08・02・29 022 のコピー

ミスミソウは花びらの形も花の色も本当にたくさんあるので見ていてあきないですね。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 23:17:03|
  2. 山行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

2月に 3度目の仙人ヶ岳

08年2月22日 (金)晴
今日はSさんとSさんの知り合いのHさんと三人で金葛歩道から
仙人ヶ岳へ、先週行くわけだったのが、一週間のばし今日に
Sさんの家を8時に出発金葛歩道へ、金葛歩道には20分くらいで着く
s-03.jpg

(椿の花が歩道のそばの家で咲いていた)
s-08・02・22 金葛歩道~仙人ヶ岳 002

10日に登ったときは雪が降ったすぐ後だったので今日とは雰囲気が
まるっきり違い別の山に来たようである。
雪のない山は雪があるときと比べれば数段に歩きやすい、
雪がないと写真はこの時期はなかなか撮れないので、今日はモノクロで
写真を撮ってみようとデジカメの設定を変えてみた、初めての経験です、
カラーでは見えない景色が見えるものですね、
10時30分にはヒノキの林を通過
s-08・02・22 金葛歩道~仙人ヶ岳 010

10時45分に前仙人に
s-08・02・22 金葛歩道~仙人ヶ岳 011

ここで一息入れて仙人へ、
12時のサイレンを仙人の最後の登りで聞き5~6分で山頂へ、
(記念写真  自分の記念写真は久しぶり)
s-08・02・22 金葛歩道~仙人ヶ岳 014

昼食をすませ、一色の下山口に戻り、一色に下山する、一色の林道終点には
2時に着き、Sさん宅には3時少し過ぎに到着。
今月三度目の仙人ヶ岳でした・・・・・・!!
椿の花だけはカラーで、他の写真はモノクロで撮って見たのですが
どうでしょうかね・・・・・・。
  1. 2008/02/22(金) 22:49:52|
  2. 山行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

スノーシューハイク・・・・・!!庚申山

08年2月17日 (日)晴
15日16日と、17日の三連休、最後は庚申山に決めて就寝・・・・!!
朝4時15分起床し支度をして5時には出発する、途中で食糧を買い込み
銀山平に6時20分ごろ到着したが、少し休んでから身支度を始め
7時に出発する、林道には始めから雪がありほとんど土の上を歩かずに
一の鳥居に到着、雪はあったがここまでは1時間で着いた。
此処から少し雪は増えてきたがトレースもしっかり着いておりそんなに
歩きずらいというほどではなかった、鏡岩も夫婦蛙岩も雪のないときと遜色
なく歩けたが仁王門を過ぎ庚申山荘まで300Mというところから
一気に雪が増えてトレースもついていなかった、此処でスノーシューを装着する、
山荘までの300Mは小一時間かかってしまった。深いところはスノーシューを
着けていても腰の辺りまでもぐってしまうところもあった。
山荘には10時に到着
s-08・02・17  庚申山 004

山荘前は一メートル以上の積雪、雪のないとき休憩するために設置してあるテーブルが
すっかり雪で埋まっているのが写真でもお分かりになると思います。
山荘で朝食とも昼食ともつかない食事をし、お茶を飲んで休憩・・
この後山荘から少し上の氷柱のところまで行こうと出発したのですが,雪の降り方も
益々強くなり積雪も増えてラッセルがきつくなってしまったので、
引き返し下山することにする。
下山もそれなりに時間がかかり2時間30分くらいかかってしまった、
銀山平に着いたのは13時を過ぎていた、思ってた以上に疲れました。
今日は写真も撮れずにスノーシューハイクだけで終った一日でした。

  1. 2008/02/20(水) 21:07:05|
  2. 山行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

ロウバイの郷「こもち」

08年2月16日 (土)晴
山旅ではないのですがアップします。
MさんGさんと三人で前から約束のロウバイの郷「こもち」へ・・・・・!!!、
9時10分過ぎには家を出発しGさん宅からMさん宅へ、少し早すぎたため
珍しくMさんが玄関先で待っていなかった、あわてさせてしまったようで
申し訳なかったのですが、・・・・・・・!!
9時25分頃に出発、一路旧小持村のロウバイの郷を目指すも暇な撮影旅行
なので途中、ビユーポイントがあれば車を止めて撮影しながらの旅です。
空っ風街道では雪の榛名山の撮影をし
s-08・02・15 001

空っ風街道が終わり赤城インターを過ぎたところの展望台で撮影(此処で警察が
安全ベルトの取り締まりをしていた)又少し此処から下がったところで、凍てついた
水車を発見、これも撮影
s-08・02・15 006

s-08・02・15 008

此処から少しで17号へ出て渋川方面へ下がり子持村のロウバイの郷へ、
ロウバイの郷をさがすも少し花が咲いているところはあったものの子持神社入り口まで
着いてしまった、ここで地元の人に尋ねてみたら先ほど見たロウバイの花がそうだと
言う、まだ植栽したばかりで見ごろになるには後5年ぐらいはかかると教えられた・・・
そこまで引き返して、少し登ってみると、なるほどロウバイの樹はかなり植栽してあるが
まだ樹は小さく花も少ししかついていなかった、これは渋川市の観光課の宣伝が
早すぎたのでしょうと、三人で少し気落ちしたのですが気を取り直して
写真を撮ってみましたが、私の写真は人様に見せられるようなものは一枚も
ありませんでした、4~5年後にまたチャレンジした時アップしたいと思います、
乞う御期待です・・・・・・・?????撮影ポイントとしてはいいところです。
帰りはロウバイの郷の地主である雙林寺へ寄ったり、ザゼンソウの自生地で
写真を撮ったり
s-08・02・15 037

峰公園にも寄りましたが、まだ1ヶ月くらい早いようでした。桐生へ着いて
三人でお茶をして帰宅した、珍道中でした。
それにしてもロウバイの郷は新聞に載っていたのですから
少しは期待していたのですが・・・・・・・!!


  1. 2008/02/18(月) 23:33:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0 | page top↑

雪の鳴神

08年2月15日  (金)晴
仕事が切れそうな感じはしていたのだが自分としては来週半ばから
休みになるかなと思っていたが少し早まってしまい今日からアルバイト
休みになる。
急な休みで何も計画していなかったので、先月の20日以降、鳴神はご無沙汰
だったので、鳴神に登ろうと朝食の後8時半過ぎに出かける
広土橋の手前から道には雪が残って凍っていたが、問題なく広土橋へ着く、
先日降った雪はまだかなり残っており山頂付近では膝上まで残っている所も
あったが、しっかりトレースが着いていて歩きにくいということはなかった。
s-08・02・15 003

s-08・02・15 019

山頂には9時55分に到着する、(前回と同じ時間)
今日は天気もよく風もなかったがさすがに山頂は氷点下2度まで温度は
下がっていたのでじっとしていると少し寒かったが・・・・・・・展望はよく袈裟丸山から
日光連山が見渡せたので写真を撮ったりコーヒーを飲んだりで30分くらい休憩した後
仁田山岳へ
(袈裟丸山)
s-08・02・15 010

(男体山)
s-08・02・15 013

(仁田山岳から赤城山)
s-08・02・15 018

1月20日に登った時より鳴神山もそうだが袈裟丸山も男体山も雪の多さが目についた、
仁田山岳で赤城山の写真を撮ったあと下山・・・・
途中、沢が凍っているところの写真を何枚か撮ってみる、
s-08・02・15 030

s-08・02・15 040

s-08・02・15 044

今年は昨年より寒さが厳しいのか雪も多いし、沢が凍っているところも多いようだ、
下山中に2人登山者に行き会っただけで今日は静かな山歩きができた。
  1. 2008/02/15(金) 21:28:28|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

雪の金葛歩道から仙人へ

2月10日 (日) 晴
9日夕方から降り始めた雪は山間部では15cmくらい積もるとの予報・・
先週は雪の降りしきる中を登って展望がきかなかったので・・・・・
明日は朝までに雪が止み天気になったらもう一度金葛歩道
から仙人ヶ岳に登ろうと決めて、就寝する。
朝起きたら雪は明け方までにやみ天気も回復していた、これは
願ってもないチャンスである、朝食もそこそこに7時30分に家を出る
途中セブンイレブンで食糧を買い込み金葛歩道の駐車場へ
駐車場を8時に出発、今日は駐車場からすぐ登山道に入り東屋のある展望台へ
東屋の展望台で写真を撮り一息入れて又山中へ
先週に比べると雪は止んでいたが積雪は多く、菱の山とは思えない
景観である・・・・・・・!!
s-08・02・10 金葛歩道~仙人ヶ岳  001

新雪を踏みしめて歩くこと約50分で菱の山~梅田の山がパノラマで
見られるところに着く、少し稜線から下りて写真を何枚か写す、
(吾妻山)
s-08・02・10 金葛歩道~仙人ヶ岳  007

(鳴神山)
s-08・02・10 金葛歩道~仙人ヶ岳  010

ここの展望も後数年で見られなくなるか・・目の前にはヒノキの苗木が育っており
2~3年もすると私の背丈を越えてしまうかも知れない・・・・・・・・!!
登り返して前仙人へ向かう、途中から積雪も増えて来るが
新雪なので歩きずらいというほどでもない
s-08・02・10 金葛歩道~仙人ヶ岳  017

前仙人には10時5分には到着する
s-08・02・10 金葛歩道~仙人ヶ岳  020

一息入れて仙人ヶ岳に向かう、5分も歩いた所でとんだ闖入者(ハンター)
に行き会ってしまう、(ハンターのほうが私を闖入者だとおもうかも)
それも私のちょっとした知り合いだった、ライフルでちょうど
猪を撃ったときで、、、、嫌なものを見てしまった、少し暗い気持ちになる。
早々に立ち去り仙人を目指すも何か割り切れない気持ちである、
仙人には10時45分に到着する。
s-08・02・10 金葛歩道~仙人ヶ岳  023

さすがに今日はまだ誰も登ってきた様子はなく
山頂1人占めし、少し早い昼食とコーヒーで休んでいたところ、岩切からの登山者が
3人登ってきた。
早めに切り上げ11時10分に下山開始、下山は往路を戻る。
前仙人の手前にはまだハンターが・・・・しとめた猪を3~4人で引きずり上げたようで
登山道の雪の上には血のあとがてんてんと着いていた、
今日の山行は嫌な思いをしたことが楽しさを半減してしまったが・・・・・
このコースは春先の花の時期も面白いかもと、おもいながら
12時50分に東屋に・・・
一息入れ、残りのコーヒーを飲んで駐車場へ
13時10分駐車場に・・・・5時間10分の山歩きでした
  1. 2008/02/10(日) 21:59:57|
  2. 観音山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

雪の降りしきる金葛歩道から前仙人へ

2月3日 (日) 雪
前々から約束してあった、金葛歩道から仙人ヶ岳へ・・・・・!!
朝起きたら予報どうり雪になっていたが、それでも山歩きの用意はやっておき、朝食の後
Sさんに電話すると、Tさんがもう用意をして事務所に着いているとのこと
あわてて車の雪を払いSさん宅へ、まだTさんは来ていなかったので、一安心
一度駐車場のところに戻るとTさんが用意を始めていたので、
自分も用意をはじめSさん宅へ、、、、、、
3人揃ったところで雪の降りしきる中を、Sさんの奥さんの呆れ顔
を尻目に9時少し過ぎにSさん宅を出発、堤防を歩きはじめる。
金葛歩道の入口までは20分くらいで着き
雪の林道を歩くこと30分、
s-08・02・03 003

10時少し過ぎには東屋の下にある登山道の入り口に着く、
ここで一息入れて山道を歩き始める、
こんな日に山に登る人もなく3人で新雪を踏みしめながら稜線に、
s-08・02・03 008

さすがに稜線に出ると今までとは違って風はないが温度が下がってくる、
歩いているうちはよいが立ちどまったりすると寒いので一息入れるのもそこそこに
歩いたがやはり雪があると、思ったより時間のロスが大きく前仙人に着いた時には
12時半を過ぎていた、
s-08・02・03 009

遅い昼食とコーヒーで身体が温まったところで仙人に向かう
一色の降り口で13時30分をまわってしまったので今回は仙人ヶ岳は登らず
一色に降りることに、これが正解だった、下りる途中Sさんの足が
少しつり気味になったようで、無理して仙人に登り往路を戻ったらちょっと
大変なことになったかも、、、、、林道までちょっと時間はかかったけれど
林道歩きのほうが山道を歩くより楽ですからね・・・・・・・!!
林道に着いたのが14時半ごろで、なんとか15時半にはSさん宅に着きました。
一日、雪の降りしきる中の大人の雪遊びでした。
  1. 2008/02/04(月) 12:36:46|
  2. 観音山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

出勤途中

1月24日 (木)晴
山で撮った写真ではないのですがアップします。
アルバイトに出かけるために家を出て広見橋まで来たら
昨日降った雨が山では雪になっていたらしく鳴神山が雪を纏い朝日に
輝いていました、思わず車を止めて写真を撮ってみました。
鳴神山は登って写真を撮ることはありますが鳴神山を写真に
撮るというのは、なかなかないので思わず写真を撮りました。
此処で写真を撮ったことなどなかったのですが、鳴神山を撮るための
けっこうなビューポイントですね、はじめて気がつきました。
桐生川をいれて写真を撮ってもいいし、望遠で鳴神山だけ撮っても、
大丈夫ですし・・・・・・これから少し気をつけて見てみようと思います。
s-08・01・24  広見橋から 002

s-08・01・24  広見橋から 004
  1. 2008/02/02(土) 09:43:14|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

プロフィール

のぶおおさん

Author:のぶおおさん
絶滅危惧種で鳴神山に
咲く「カッコソウ」です


「雑木頂」
日々の想いを書き綴っています

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近のトラックバック