山旅

山行記録と山や花の写真を公開しています。

残念

10年7月28日 (水)晴

前から約束をしていました 大間々のKさんと尾瀬沼へ行って来ました
朝2時起きして支度をし 大間々のKさんのところへ
Kさんもう待っていました Kさんの車にザックなどを積み 3時には出発を 
途中のコンビにで食料を調達 大清水へは4時半前には着き 4時半には出発できました
さすがに夏至を過ぎると日が詰まりましたね ヘッドランプはいりませんが樹木も覆いかぶさって
いるので 薄暗い中一之瀬へ向かいます 一之瀬を過ぎるとさすがに明るくなりました
街中とは違います 肌寒いようで汗もかかずに歩けます
三平峠少し手前で モミジカラマツの花が群生していました
s-07・28 003
三平下へ下り始めると樹間から燧岳が見えました
s-07・28 009
三平下から長蔵小屋へ 途中ニッコウキスゲが見当たりません 花芽もありません
今年は花が少ないのは聞いていましたので 大江湿原に行けばそれなりに花はあるのだろうと
思っていましたが 見事に期待を裏切られました 少ない花が鹿の喰害でほとんどありませんでした
時期も少し遅い感じはしましたが・・・湿原の中は鹿の足跡が縦横微塵に残っていました
s-07・28 041
s-07・28 042
人間が歩いた後ではありません 獣道がきちんと出来ています 
この時期ニッコウキスゲがないと写真になりません
このあとは他の花の写真を撮りましたが気持ちが乗りません
コオニユリ
s-07・28 012
コオニユリはけっこう咲いていました
マルバダケブキ
s-07・28 025
ビューポイントの3本カラマツとシシウドの花
s-07・28 031
ミズギボシ
s-07・28 033
ヤナギランの丘で
s-07・28 039
ヤナギランの丘でニッコウキスゲが咲いていればこの湿原はオレンジ色に見えるはずですが
s-07・28 040
残念ですが自然には勝てませんまた来年に持越しです
それにしても鹿の増え方は尋常ではありません 早急な対策が望まれます
植生が変わるほどの喰害は見過ごせませんね・・・・
写真もたいして撮れなかったので桐生へ帰ってきたのはまだ3時前でした
尾瀬の涼しいところから一気に熱い桐生に帰ったので暑さが身にしみました
疲れよりそのほうがこたえます
スポンサーサイト
  1. 2010/07/29(木) 11:29:49|
  2. 尾瀬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2 | page top↑

ウバユリ

10年7月25日 (日)晴夜夕立

尾瀬沼にと言う話でしたが 昼過ぎどうしても外せない用事があるのを思い出し
尾瀬は延期しました
昼前時間が空いたので鳴神山へ行って見ました
山中はこのところ毎晩のように降る雨で沢の水量が多く小さな滝が水しぶきを上げていました
s-07・25 001

花はちょうどウバユリが咲き出していました ウバユリは好きな花の一つです
s-07・25 029
暑く湿気の多い山中を歩いたので山頂に着いたときは汗でぐっしょり濡れていました
山頂ではコキンレイカが咲いていたので何とか写真を撮りましたが一枚だけしかピントが合っていませんでした
s-07・25 012

30分ぐらい休んで下山しました
イワタバコの花
s-07・25 040
タマガワホトトギス
s-07・25 036
前回鳴神山は7月2日に登りましたが そのときも立て続けに夜 雨が降っていたときで
沢の水量が多かったし 暑く湿気の多い日でした
今回も同じ様な日でしたので 梅雨明け後の山中とは感じられませんでした
年々花が少なくなっているようです 肩の広場下のレンゲショーマの花芽が全然ありません
どうなってしまったのでしょうか 
一部は動物による喰害もあるとは思うのですが 今年は喰痕がありませんでしたから
喰害は考えられません 盗掘と言うこともあるのでしょうかね・・・・
赤城山 山中でも盗掘が大きな問題になっているようです
山野草ブームが盗掘に拍車をかけているようで それぞれ対策はたてているのでしょうが
なかなか有効な手立てがないのが現状のようです
  1. 2010/07/26(月) 15:11:24|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

美術館・・・・

10年7月21日 (水)晴

茨城県笠間市の美術館に行ってきました
カミさんとカミさんの友達と3人です カミさんと美術館に行くのは久しぶりです
朝6時30分にカミさんの友達の家に迎えに行きました
菱周りで50号に出て東北道に乗りました そして北関東道の笠間か友部までと思っていましたが
なぜか ナビは真岡で高速を降ろします そのときは気が付きませんでした
ここからのほうが美術館に近いのかと思い美術館の会館時間には充分間に合いますし
ナビの案内するままに美術間に着きました 開館時間までまだ15分ほど早く駐車場で
待ちました 笠間日動美術館初めてです 今日は動物写真家の岩合光昭さんの企画展
動物は世界の宝物という写真展が目当てでした 
開館と同時に入館して見学者のいない会場でじっくりと見させてもらいました
広い展示室を3部屋も使ったかなり大規模な写真展で3人で感動しながらの鑑賞でした
その後は敷地内の別棟の美術館所蔵の絵画(常設してある)もじっくりと見させていただきました
日動美術館はもともとは個人の資産家が自分で収集した作品を並べるために建設したそうです
それにしても立派な美術館でした 広大な敷地を巧みに利用して建てられた建物は
3階建ての建物2棟と5階建ての建物1棟がそれぞれ独立した展示を見せていました
所蔵してある絵画や彫刻も見事でした 世界各地の名高い作家の作品でした
室内は撮影禁止ですから 通路や背景の竹林などの写真を撮ってみましたが
なにせ世界の巨匠の作品を見た後ですから写真といっても????です
庭や通路に並べてある彫刻群の一部です
s-07・21 001
背景の竹林
s-07・21 006

s-07・21 010
通路にあった彫刻の一つ
s-07・21 014
4時間近くいましたが15~6枚の写真を撮っただけでした
巨匠といわれる作家の作品に圧倒されたのですかね・・・・
その後3キロほど離れれた日動美術館の別棟なっているところまで移動しました
そこは北大路魯山人が生前住んでいた北鎌倉の自宅を移築した建物を往時のままに復元して
見せていました

遅い昼食の後は芸術の森公園内の陶芸美術館へ
ここも日本の著名な作家の作品の数々が展示してあって見ごたえがありました
陶芸は見るのは好きですが作家の名前はほとんどわかりません
詳しく知っている人にはたまらない展示館なのでしょうね 普段の日にもかかわらず
大勢の人で賑わっていました
1日で見るのはちょっとしんどかったです

帰りは友部から高速で帰ろうとナビを設定しました
友部ICに入ると東京方面にナビが案内します ここではまだ気が付きません
常磐道を走り出して気が付きましたナビは新しく開通した北関東道を知りませんでした
迂闊でしたナビは東京周りで案内したのです あわてて次のICで降りて引き返しました
朝 真岡で降ろされたのもナビが北関東道を知らなかったせいだったのですね
ナビ頼りの失敗談になってしまいましたが その後は順調に桐生へ帰りつくことが
できました
一日楽しい旅でした・・・・・よ(^^: 
  1. 2010/07/22(木) 22:25:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0 | page top↑

ニッコウキスゲ

10年7月20日 (火)晴

尾瀬ヶ原のニッコウキスゲの見ごろの時期なので前から出かける予定でいました
連れが都合で出かけられなくなったのですが 予定をしていたの出かけました
一人で行くことになったので朝3時に我が家を出発しました
戸倉の駐車場には4時半に着きました 鳩待峠は5時半を回りましたが
久しぶりに飛ばしました30分はかからずに山の鼻に着きました
ミヤマオダマキ
s-07・20 001
ミズギボシ
s-07・20 004
アヤメ
s-07・20 006
コバノノトンボソウ
s-07・20 010
靄に日が差し始め木道が輝きました
s-07・20 011
キンコウカ
s-07・20 014
モウセンゴケ
s-07・20 017
至仏山の山頂が雲に覆われています
s-07・20 024
ニッコウキスゲ
s-07・20 032
ニッコウキスゲは調度盛りでしたが 昨年と比べると花の量が3分の1くらいでした
毎年同じに花が咲くのはありえません 今年は花の少ない年なのでしょう
キンコウカとトキソウ
s-07・20 041

今日は鳩待峠から歩き始め 竜宮 富士見峠 富士見下 戸倉スキー場 戸倉第1駐車場まで
たっぷり歩きました
富士見下あたりまでは木々の中を歩いたのでそんなに暑くはありませんでしたが
その後は結構暑かったです
町の気温は軒並み猛暑日だったようで 桐生に着いたら汗が噴出しました
この時間もまだ30度近くあるのではないでしょうか
  1. 2010/07/20(火) 20:24:50|
  2. 尾瀬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

1日2度も

10年7月9日 (金)曇時々晴

カミさんが出かけたので 観音山で昼飯を食べようと思いMTBで出かけました
途中のコンビニで昼食用のむすびを買い金葛へ 今日も雨は降りませんが曇空で
蒸し暑く 山中も暑かったです 
オカトラノオがありました 草丈15センチくらいの小さな花でした
s-07・09 005
このあと寝釈迦への登りに入った松林で倒木が道を塞いでいました かなり大きな倒木です
これは後ほど片付けなければと思いながら 倒木を避けて寝釈迦から コンコン山へ向かいました
途中見慣れぬキノコがありましたなんというキノコなのでしょう
直径が15センチくらいの黒いキノコです
s-07・09 008
コンコン山には12時ちょうどでした 東屋で昼食を食べて少し横になりながらゆっくり休み
下山です 今日は林道を通らず 少し戻って山中を 今度は白いキノコが
s-07・09 012
登山口の沢沿いでアジサイが盛りです
s-07・09 013

帰宅しましたが どうも倒木が気になって もう一度金葛へ行くことにしました 
今度は自動車で道具を持って出かけました
金葛歩道終点に車を置いて倒木のところへ 
倒木の片付けは1時間ほどで終わりました 思い切って来てよかったです
思いのほか早く片付けられました また後ということになれば何時来られるかわかりませんから
帰り道ホタルブクロの花が残っていました
s-07・09 018
1日2度も登りましたし 倒木の片付けもしましたから
結構疲れました 蒸し暑さもありましたが・・・・
それでも倒木が片付けられたので気分もすっきりほっとしましたね 
  1. 2010/07/09(金) 20:15:14|
  2. 観音山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

アジサイの沢入駅

10年7月7日 (水)曇時々晴

前々から約束していた 渡良瀬渓谷鉄道の沢入駅のアジサイの写真を撮りに
GさんMさんと出かけました 桐生から沢入駅までは1時間弱で着きます
沢入駅のアジサイは見ごろでした 写真を撮り始めると 上りの電車と下りの電車が
うまく通り過ぎ写真に撮れました
沢入駅の名物おばさんが気動車の運転手に弁当を渡していました
s-07・07 007
駅構内のアジサイの写真を
s-07・07 012
(古い待合室とアジサイ)
s-07・07 015

s-07・07 016
駅構内には2000株以上のアジサイがあるそうです
s-07・07 022
構内いたるところにアジサイが咲いています
s-07・07 042

このあと神戸の不動の滝に
s-07・07 055
水量が多く迫力がありました 工事中でそばまで行けませんでしたが・・・

Mさんがまえから見つけていた渡渓のビューポイントが見つかりました
少し電車が来るのを待ってトンネルからでる電車の写真を
s-07・07 066

このあと道の駅で昼食を 
猫の時計さんでお茶までしてきました
s-07・09 001

雨が降る予報でしたが降られることもなく思っていた写真も撮れました
山旅ではありませんでしたが こんな撮影だけの遊びもまんざらではありませんね
  1. 2010/07/07(水) 20:31:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0 | page top↑

1ヵ月ぶり

10年7月2日 (金)晴

鳴神山なかなか機会がなく出かけられませんでした
今日は天気もよくなるというので出かけました
5月31日以来ですから山中はすっかり変わっていました
このところ夜になると続けて雨が降っているので山田川源流の水量が多いです
s-07・02 002
草花は見当たりません木の花が見られました 
今日は写真を撮りながら登ったので
いつもより時間がかかりました 山中は蒸し暑くたっぷり汗をかかされました
山頂でシモツケソウの写真やホツツジの写真を撮ってすぐ下山しました
シモツケソウ
s-07・02 024
ホツツジ
s-07・02 030
コアジサイ
s-07・02 046
ヤマアジサイ
s-07・02 050
s-07・02 057
ウリノキの花もまだ残っていました
s-07・02 065
今日は地味な花ばかりです 
ウバユリは後10日もすれば咲き始めそうでした
その頃になると イワギボシやイワタバコの花も咲き始めるでしょうか
しばらく鳴神山御無沙汰しているとなぜか落ち着きません
次はいつ登れるでしょう ウバユリの時期には登りたいと思いますが・・・・
  1. 2010/07/02(金) 22:04:11|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2 | page top↑

プロフィール

のぶおおさん

Author:のぶおおさん
絶滅危惧種で鳴神山に
咲く「カッコソウ」です


「雑木頂」
日々の想いを書き綴っています

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近のトラックバック