山旅

山行記録と山や花の写真を公開しています。

今日も・・・

13年4月28日 (日)晴

昨日鳴神山が大勢の登山者で賑わったのは、連休が始まったのですね。
毎日が連休状態の私は気が付くのが遅れました。
息子も帰省しているのにちょっとボケ気味でしょうかね・・・。
今日もSさんと鳴神でした。主要部でなくちょっと外れたところですが。
コチャメルソウの花を見に行って来ました。花は咲き出していました。
s-04・28 007
目立たない花ですが可愛い花で、沢筋に多く見られます。

ヒトリシズカ
s-04・28 005

ヒトツバスミレ(エイザンスミレ??)
s-04・28 015

今日は少し歩いただけでしたから、昼前には帰宅しました。
プリンターも修理が終わって来たので、今日は帰宅後すぐにプリントしてみました。
モニターで見ても分からないことがプリントすると分かるので何枚かは必ずプリントします。



スポンサーサイト
  1. 2013/04/28(日) 15:43:21|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

満員

13年4月27日 (土)晴

今日の鳴神山はコツナギ橋からでした。
川内側は混むのではないかと思ったのもありますが、カッコソウや裏の肩、稜線上のスミレも気になっていましたので・・・。
梅田のFさんの車がありました。今日は何時もより早い登りだしだったようです。
コツナギ橋から登るのは昨年の暮れ以来でしょうかね。
登り始めるとすぐにヒカゲスミレでしょうか。
s-04・27 002
モミジイチゴ
s-04・27 008
フタバアオイも中腹より下で咲いていました。
s-04・27 010
ムラサキケマン
s-04・27 003
コツナギ側は川内側より花の咲き出しが1週間ぐらい遅いです。
ヒイラギソウはまだ1週間以上先になりそうですね、川内のIさんに行き会いました。
11日以来です。
カッコソウも10日くらい先になりそうで、まだ蕾でした。
稜線は風が強く寒いくらいで、まったくスミレも咲いていませんし、新緑もまだ先ですね。
やはり裏側は気温が違うのでしょう・・・。
山頂に着くとFさんがいましたが、登山者でいっぱいの山頂でしたし、続々人が登ってきます。
Fさんに挨拶もそこそこに、お茶もせずに下山しました。
下山中に少し写真も撮りながらでしたが、今日は何時もより早い下山でした。
この時期の鳴神山は一番登山者の多いときですが、満員御礼の状態ではお茶ものんびりできません。



 写真五人展

会期 5月2日   (木)     午後1時から~6時まで
    5月3~4日(金~土)   午前10時~6時まで
    5月5日  (日)      午前10時~5時まで

桐生市市民文化会館 展示室  ℡0277-40-1500
  1. 2013/04/27(土) 14:56:03|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

用事の後

13年4月25日 (木)晴

東北へ出かけたりしてしばらく山歩きしていませんでした。
今日も用事があり増したが、用事を済ませてから近所の観音山に行って来ました。
山中は新緑でむせ返るようで、花々も沢山咲いていましたから、結構な時間がかかり山頂へ。
途中見た花を・・・。
歩き出すとすぐにチゴユリです。
s-04・25観音山 091
今日は本格的にヤマつつじが咲いていました。
s-04・25観音山 099
ルリソウも沢山咲いていました。
s-04・25観音山 105
稜線以外で初めて見ました。ハルリンドウ(フデリンドウでしょうか)
s-04・25観音山 101
テンナンショウもあちこちで見ました。
s-04・25観音山 106
寝釈迦を過ぎてからイカリソウ
s-04・25観音山 111
ツクバネウツギ
s-04・25観音山 108
コンコン山の東屋で新緑に埋まる桐生市内をパノラマで
s-04・25観音山 118

14日に山歩きして以来でしたが、用事を済ませてからの短時間で結構楽しませてもらいました。



いよいよ私たち仲間の写真五人展が一週間後になりました。
せわしなく過ごしています。
5月2日の午後からの開催です。沢山の人に会場に足を運んでもらえれば嬉しいです。
  1. 2013/04/25(木) 15:21:35|
  2. 観音山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

里山

13年4月14日 (日)晴

JR構内にある「ゆい」の里山歩きに参加してきました。
今日になってキャンセルが出たとかで、代表の方と二人だけの里山歩きになりましたが、それはそれで楽しめました。
桐生駅から歩き始めそれこそのんびりした里山歩きで山頂へ、
山頂で思わぬ人に会いました。赤城自然愛好会のKさんご夫婦でした。
山頂で少し早い昼食を・・・。
Kさんに挨拶して私たちは下山します。なにしろ下山後 群大キャンパスで行われている「アースディin
桐生2013」にも参加する目的がありました。
それでも下山しながら写真も少し撮りました。
シャガの花です、自生している花なのかどうか分かりません。
s-04・14吾妻山 004
ヤマザクラでしょうかね・・・。
s-04・14吾妻山 001
新緑が目に優しく。
s-04・14吾妻山 006

吾妻山だけ登ることはめったにありません。たまにはそんな山歩きもいいものです。
群大のイベントも見てきました。一日のんびりできました。
  1. 2013/04/14(日) 15:06:54|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

春の雪

13年4月11日 (木)晴

昨夜は日光や上越国境の山々では雪になったというニュースが今朝流れました。
昨日の仕事の疲れはありましたが、この後出かけられないので思い切って鳴神山へ・・・。
何時ものように広土橋からです。
昨夜は雨が降ったので山中は濡れています。
初めの岩場で先週気がつかなかったヤシオツツジを。
s-04・11 038
中腹まで来ると何と昨夜の雨は春の雪になっていました。
4月も半ばになっての雪で咲き出した花も寒さに震えています。登りながらの写真は諦めて山頂へ急ぎました。うっすらと雪化粧した山中。
s-04・11 012
山頂で見た日光連山、袈裟丸山、上州武尊など季節外れの雪で白くなっています。
s-04・11 020
山頂で梅田のFさん川内のIさんに、何時ものことですかね・・・。
お茶をしながら話に花が咲きました。
山頂では早咲きのヤシオツツジが、昨夜の雪で萎れていましたが、まだ咲き出しですからこれからが見頃でしょう。それにしても早い咲きだしですね。
下山しなが写真をと思っていましたが、逆戻りした冬の寒さで花が開いていません。
震えているカタクリです。
s-04・11 021
ニリンソウはやっと日を浴びて開きそうですが・・・。
s-04・11 055
季節外れの雪は早まった春に待ったをかけたのでしょうか、一気に来た春を強引に冬に引き戻された思いです。
明日からもあまり気温は上がらないという予報です・・・。

  1. 2013/04/11(木) 19:51:10|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2 | page top↑

1年ぶりに

13年4月9日 (火)晴

7日の日は雨の合間でしたので、思ったような写真が撮れませんでした。
今日は思いのほか用事が早く終わったので、早目の昼食を済ませて、観音山に行って来ました。
雨の心配もなく天気も良かったので7日の日よりは、きちんと写真が撮れました。
花の種類は先日とほぼ同じようでしたが、数が増えていました。
スミレ、名前はわかりません。マルバスミレでしょうかね。
s-04・09観音山 001
ルリソウ、先日より天気が良かったのできれいに撮れました。
s-04・09観音山 005
モミジイチゴ
s-04・09観音山 036
フモトスミレ
s-04・09観音山 026
今日の目当てはこの花です、ジュウニヒトエ、先日は雨の合間で写真が撮れませんでした。
一年ぶりのジュウニヒトエです。
s-04・09観音山 041
ヤマブキ
s-04・09観音山 052
同じ花でも天気が良いと写真が違います。気持ちも落ち着いて撮れるからでしょうかね・・・。
観音山も結構な種類の花があるので腰を落ち着けて撮ってみたいと思っています。
  1. 2013/04/09(火) 19:29:06|
  2. 観音山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

合間に

13年4月7日 (日)雨時々曇

朝から雨が降っていましたが10時ごろ雨も止み少し晴れ間も見えたので観音山へ行って来ました。
雨と暖かさで一気に数種類の花が咲きだしていました。
まず登り始めるとすぐに、ルリソウでしょうか。
s-04・07観音山 003
イカリソウ
s-04・07観音山 006
アケボノスミレ
s-04・07観音山 010
ヒトリシズカ
s-04・07観音山 014
観音山山頂近くで雲行きが怪しくなり、雷も鳴りはじめ雨もぽつぽつ落ち始めてきましたが、
大降りにはならないのではとかすかな望みを持ちながら、コンコン山へ向かいました。
木の花も咲き出しています。
モミジイチゴ
s-04・07観音山 021
モミジイチゴの花は結構沢山咲いていました。
ヤマザクラもまだ見頃でした。
s-04・07観音山 028
早咲きいのヤマツツジ。
s-04・07観音山 029
コンコン山の東屋に着く頃には雨脚が少し強くなり始めてきたので東屋には行かず下山です。
途中ジュウニヒトエの花が咲きだしていましたが、雨に追われるように写真は撮りません。
登山口付近ではヤマブキが咲いていたので思わず写真を・・・
s-04・07観音山 034
駐車場まで小走りで、車に乗ると大粒の雨が降り出してきました。
間一髪大雨には降られることなく我が家へ、今日は山中はかなり蒸し暑く、結構な汗をかかされました。
我が家に着いて遅い昼食の後。風呂に入って着換えほっとしたら眠気が襲い火の入っていない炬燵で、
うたた寝をしてしまいました。
  1. 2013/04/07(日) 16:23:17|
  2. 観音山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

春らしく

13年4月4日(木)晴

昨日、一昨日と雨が降り続きました。何処えも出かけられずにいましたが、今日は天気が回復したので、
早速鳴神山に出かけました。
山中がやっと春の山らしくなりました。二日間降った雨でしっとりして木々も艶めいています。
沢の流れが春の喜びで跳ねています。
s-04・04 063
s-04・04 071

今日は一気に山頂へ。二日続いた雨は上越国境の山々、日光白根山、男体山などは雪になったようで、
先日見たときより白く輝いていました。
山頂でお茶をしていると程なくIさんや、にいさとんさんが到着しました。
ひとしきり談笑した後、今日は下山しながら花の写真を撮るので先に下山しました。
ツルネコノメが流れと競演です。
s-04・04 030
カタバミも中腹まで咲きだしました。
s-04・04 062
ニリンソウも先日より増えました。
s-04・04 078
アズマイチゲも春の日をいっぱいに浴びています。
s-04・04 094
今日は春の日差しが暖かく花も思いっきり輝いていたので写真を沢山撮れました。
この時期鳴神山に登ると必ず知り合いにお会いできます。
今日も楽しいお茶会ができましたし、花も沢の流れも春の息吹で心地良い山歩きが出来た一日でした。
  1. 2013/04/04(木) 16:11:50|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2 | page top↑

鳴神山と観音山

13年4月1日 (月)晴

鳴神山からアップです。

明日から又天気が崩れる予報です。鳴神山に出かけました。いつものコースです。
広土橋に着くと川内のIさんがいました。肩の広場まではほとんど一緒でした。Iさんは大滝口のカタクリの群生地まで行くと肩の広場から降りて行きました。私は直接山頂へ・・・。
山頂でお茶をしていると梅田のHさんが到着です。すぐにIさん、にいさとんさんも到着です。
ひとしきり話が弾みました。
山頂で別れれ写真を撮りながら往路を戻りました。
先日見られなかったニリンソウが今日は見られました。
s-03・29 057
一ヶ所だけでしょうか咲いていました。後一週間もするとたくさん見られることでしょう。
カタクリの花芽があちこち摘まれています、動物が摘んだのでしょうか・・・。
かろうじて咲いている花を見つけて写真に。
s-03・29 049
先日もアップしました。ツルネコノメ。
s-03・29 035
エイザンスミレ
s-03・29 023
ミヤマキケマン
s-03・29 090
鳴神山の花、先日もアップした花もありますが、なかなか思うようには撮れませんでした。
今日は何とか見られるでしょうかね・・・。


観音山
明日は天気が悪くなると言うので、遅い昼食の後、観音山のカタクリ群生地まで行って来ました。
盛りを少し過ぎているようです、明日は雨になるといいますから今日で終わりでしょうか、思い切って出かけてよかったです。
s-04・01観音山 017
s-04・01観音山 014
観音山で初めてエイザンスミレを見ました。
s-04・01観音山 032
登り口でマルバスミレでしょうか。
s-04・01観音山 034

鳴神山も観音山もこれから花の種類も増えてきます。
天気が変わりやすく、予定が出来ません。良い日には思い切って出かけるようにしたいのですがね・・・。


  1. 2013/04/01(月) 20:52:48|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

プロフィール

のぶおおさん

Author:のぶおおさん
絶滅危惧種で鳴神山に
咲く「カッコソウ」です


「雑木頂」
日々の想いを書き綴っています

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近のトラックバック