山旅

山行記録と山や花の写真を公開しています。

55回

16年12月29日 (木)

先日22日の鳴神山のアップが出来ませんでしたが、今年鳴神山には55回登りました。多いか少ないかはそれぞれですが、私としては今年の鳴神山歩きは、近年になく多かったような気がしています。
それと言うのは、「雷神山を愛する会」の設立と、鳴神大滝の撮影に出かけたことなど、鳴神山にかかわることが増えたことによるものなのでしょう。大滝だけでも30回近く出かけていますから、あわせると80回を超えます。ま~、愛する会の仲間の人には及びませんがね^^;・・・・・・・。
それにしても1週間に一度以上は登ったことになりますから、記録です。
そんなこともありまして、他の山に出かけるチャンスが少なくなりました、来春も小屋が出来上がるまでは、鳴神山通いが続くことでしょう。

今年も今日を含めて残り3日です。
今年一年を振り返ってみると、慌しく息を切らしながら走ったような気がしています。来年は分相応に、たまには立ち止まり息を整えながら、完走できればなと思っています。

一年間多くの皆さんにお付き合いいただきましたこと、感謝しています。来年も宜しくお願いします。







スポンサーサイト
  1. 2016/12/29(木) 10:07:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

上棟式

16年12月18日 (日)晴

懸案だった鳴神山の避難小屋、先日少し立ち上げておいたこともありますが、今日は暖かい日が幸いして、一気に上棟まで出来ました。
かかわった多くの皆さんのおかげです。特に池下工業さんには、骨組みに使う単管等一式、ご寄付いただきました。そのおかげで、とんとん拍子にことが進み、上棟に至ることが出来ました。
来春の花の時期までには、なんとか完成にこぎつけられるようにしたいと、会員一同思っています。ご協力をお願いします・・・。

s-12・18 (5)

s-12・18 (7)

皆さん今日はご苦労様でした。








  1. 2016/12/19(月) 08:31:23|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

八ヶ岳

16年12月15日 (木)晴

思いの他作業が順調に進んでいるので鳴神山通いが続きそうです。今日は広土橋から少しの道具を担いで登りました。
Iさんにはすっかりお世話をおかけしてしまいましたが・・・。

山頂からの展望は北は雪雲がかかってちょっと残念でしたが、南は見事でした。特に八ヶ岳が輝いていました。
s-12・15 (3)

風が強く山頂は早々に退散で肩の広場に・・・。
Iさん、私が担がなければならない道具まで担いで到着です。どうもありがとうございます。
Hさんもすぐに到着で、強風のなか整地をしましたが、思っていた以上に早く終わりましたから、すこし立ち上げてみました。この調子なら今年中にめどがつくかもしれません。
来春が楽しみですね。

昼は少し過ぎましたが、仁田山岳に移って昼食を、下山は中尾根からでした。

Iさん、Hさん今日はありがとうございました。














  1. 2016/12/16(金) 09:30:40|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

山歩き・・・・

16年12月12日 (月)晴

予定していた用事が延期になったので、風もなく穏やかな日でしたから大滝口から鳴神山へ。

今日は筑波山から男体山まで360度の展望があり、南は筑波山
s-12・12大滝口 (23)

富士山
s-12・12大滝口 (21)

八ヶ岳
s-12・12大滝口 (17)

上越国境は浅間山
s-12・12大滝口 (19)

北は袈裟丸山、皇海山、日光白根山
s-12・12大滝口 (22)

写真はアップしてありませんが、赤城山、上州武尊山、男体山もすっきりと見えました。

山頂では愛する会の人たちに・・・。

会の人たちとは肩の広場で別れ私は大滝口へ、途中で昼食をしてからのんびり下山を・・・。
紅葉もすっかり終わり冬支度の大滝。
s-12・12大滝口 (40)

赤い実は何の実なのでしょうか、知っている人がいたら教えてもらうと、ありがたいです。

今日は山歩き日和でした。





  1. 2016/12/12(月) 15:32:09|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

整地

16年12月10日 (土)晴

今日は広土橋からです、いや~~強風の吹き荒れる一日でした。

駐車場に着くとすぐにIさんが到着でした。荷揚げをするので背負子を使って山頂へ、いつものザックに建材を背負ってですからちょっと重かったです。
皆さんのおかげで殆どの建材は肩の広場へ担ぎあげられていました。ご苦労さまです・・・。

今日の山頂、北は雪雲で見えませんし、南も雲がかかったりしていましたが、かろうじて筑波山は見えました。
s-12・10 (5)

肩の広場に下りて作業を開始し始めると次々に皆さん到着で、倒木も、整地も思った以上に進みました。
強風の吹き荒れる中でしたが、皆さんご苦労様でした。

畑仕事、いや、整地をしています。
s-12・10 (10)
この進み具合なら今年中には何とか立ち上げることができそうですが、ま~~あわてずにいきましょう。
これからも宜しくお願いします・・・・・・。








  1. 2016/12/11(日) 08:37:50|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

座間峠

16年12月4日 (日)晴

鳴神山から座間峠までのコース、この時期は木々の葉も落ちて静かで良いコースです。
そんなコースの話をウエブで見た人などが気楽に歩いて、道に迷うことをたびたび聞き、コース整備の必要性を感じていました。

そのコースの整備を「雷神山を愛する会」で計画した今日は、コツナギ口に8時前には全員集合でしたから、荷物の分担をして8時には出発しましたし13名の人が参加をしてくれましたので、計画していた以上に仕事がはかどり、座間峠からコツナギ口まで廻わる事ができました。


道を間違えそうな場所の道標取り付けと、倒木を片付けるなど登山道整備と併せて行いましたが、鍋足沢の頭には昼少し前には到着で、鍋足沢の頭の看板を取り付けたあと、そろって昼食を・・・。

昼食のあと座間峠へ向かいましたが、道標が少し足らなくなってしまったので、テープを付けながら座間峠に。

倒木の片付け
s-12・04座間峠 (3)

s-12・04座間峠 (14)

s-12・04座間峠 (12)

s-12・04座間峠 (5)

「道標10数枚」と「鍋足沢の頭」の看板と取り付けましたが、足らないところがあったので、もう一度くらい出かけなければならないでしょうかね・・・。
座間峠から梅田までの登山道の倒木は片付けられませんでしたから、それと併せてもう一度計画出来ればと思います。

下山すると、都合で参加出来なかった代表のFさんが駆けつけていました。Fさんの労いの言葉の後散会して終わりました。

参加していただいた皆さん一日ご苦労様でした。






  1. 2016/12/06(火) 14:30:25|
  2. 鳴神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑

プロフィール

のぶおおさん

Author:のぶおおさん
絶滅危惧種で鳴神山に
咲く「カッコソウ」です


「雑木頂」
日々の想いを書き綴っています

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近のトラックバック