山旅

山行記録と山や花の写真を公開しています。

集中豪雨

12年5月13日 (日)晴

東北の震災被災地を見に行った帰り道、焼石岳に登る予定でいましたから、焼石岳の登山口に行きましたが、
中沼コースは林道が通行止めでした。
ツブ沼コースの登山口からは登れそうですが、コースの距離が長すぎます。
雪も多く残っているようで、登山口の胆沢ダム付近もまだ雪がある場所もありました。
山中泊の用意はしていなかったので、今回は断念しました。
もっと群馬に近いところと思い、浅草岳に予定を変更して、入叶津の登山口へ・・・。
入叶津地区は昨年の集中豪雨で大きな被害が在ったようで、道のあちこちは陥没を修理した跡がありました。
今年は雪が多かったのでしょうね、入叶津の最後の民家までいけましたが雪のため登山口には入れませんでした。
登山口までの道々も豪雨で流された跡が多くあり、登山口には登山道も被害を受けたので気を付けるようにと張り紙がしてありました。
登り始めの道も雪解けがすんだばかりだったのでしょう、カタクリやキクザキイチゲの花が咲いていました。
カタクリ
s-05 197
キクザキイチゲ
s-05 194 のコピー
この後は雪の中の歩きです。地面は全く見えませんから、山神の大杉を目指しましたがいつになっても大杉が見当たりません。
大杉を気にしすぎてコースを外して雪の壁を直登してしまったようでかなり上に登ってから気がつきました。
落ち着いて周りを眺めるとどうも右に行かなければならないところを直登したのが分かりましたので、
右の稜線に向かうと杉の頭が少し見えました。チョッと様子は変だと思いましたが、なんと大杉の半分から上が折れていました。
s-05 204

s-05 210

何とかかんとか大杉に着きました。雪がなく道さへ間違わなければ小1時間で着くところです。
一時間半くらいかかりました。
橅の様子はやっと芽吹いたばかりで、この上のブナ平はまだ橅の芽吹きは見られないと思い、
ここで軽く朝食をし、お茶を飲んで引き返すことにしました。
s-05 207 のコピー

雪のあるところは分かりませんが、雪のないところは道は荒れ放題で歩くのに難儀しました。
集中豪雨の爪あとは山中でも見られました。
稜線でトクワカソウでしょうか・・・。
s-05 230 のコピー
入叶津の最後の民家付近では雪の中で桜が咲いていました。
降った雪も多かったのでしょうが、3月・4月の低温で雪解けが遅くなったということです。
雪のあるあぜ道では地元の人が田植えの準備に追われていました。
東北の旅も今回はこれで終わりです。また機会があれば出かけたいと思っています。

スポンサーサイト
  1. 2012/05/14(月) 13:23:17|
  2. 山行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0 | page top↑
<<山ガール | ホーム | 写真展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nobuoosan.blog21.fc2.com/tb.php/294-00d20364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のぶおおさん

Author:のぶおおさん
絶滅危惧種で鳴神山に
咲く「カッコソウ」です


「雑木頂」
日々の想いを書き綴っています

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近のトラックバック