山旅

山行記録と山や花の写真を公開しています。

下道

15年8月3日 (月)晴

高速料金の、実質的な値上げで遠くの山に行くのに、年金暮らしの身としては躊躇しています。
時間はたっぷりあるので、わが家から月山まで、どのくらいの時間で行けるのか、下道を使って行ってきました。

2日昼食を摂った後、1時半に我が家を出発しました。高速を使うと月山まで、約400キロで時間は5時間一寸かかるでしょうか、下道は350キロで、時間は6時間半で着きました。思っていたより時間はかかりませんでしたから、きちんと計画していけば、下道でも、充分出かけられるのでしょうかね。考えるよりやってみることですかね・・・。
8時前には月山駐車場に着きましたから、いつものように一杯呑んで就寝です。
朝は4時には起きて、身支度して4時半には出発できました。
何年かぶりの月山でしたから、花の写真、たくさん撮りましたから、アップする写真も多いのでご容赦ください。

リフト下を歩き始めると出迎えてくれたのは、リンドウや、ヨツバヒヨドリ、ニッコウキスゲでしたが、まだ薄暗い中でしたから写真は撮らず先へ進みます。
姥ヶ岳へ登りはじめるとイワウチワでしょうか
s-08・03月山 (35)

山頂下ではキンコウカの群生です
s-08・03月山 (51)

何と山頂ではイワショウブも
s-08・03月山 (55)

一休みして、月山山頂へ、いつもながら最後の登りのきついこと、花に慰められながら、山頂の花畑を想いながら、辛さに耐えて山頂へ。下は天気は上々でしたが、何と山頂はガスと強風で立っているのがやっとでした。たくさん咲いている花々はありましたが、強い風とガスで寒いくらいでしたから、満足な写真は撮れません。なんとか撮った写真です。
フウロと黄色い花の名前はわかりませんが
s-08・03月山 (77)

ウスユキソウも残っていました
s-08・03月山 (81)

ヒメシャジンでしょうか、花畑の一角を占めています。
s-08・03月山 (74)

山頂下の鍛冶小屋跡地にヤマハハコでしょうかね
s-08・03月山 (94)

軽く食事をして、早々に下山しました。鍛冶小屋跡を過ぎると風もガスもうそのようですから、花の写真たくさん撮りました。
アオノツガザクラ
s-08・03月山 (104)

ヨツバシオガマ、ニッコウキスゲの花芽も見えます。
s-08・03月山 (127)

月山の大雪は、ヒナザクラなどの群生を育んでいるのでしょう。
s-08・03月山 (31)

群生しているヒナザクラ、ちょっと写真が小さいですね。
s-08・03月山 (114)

チングルマ、雪どけした所から咲きはじめます
s-08・03月山 (108)

s-08・03月山 (144)

日当たりのよい上部はもう穂になっていますが、雪の多い下部は、今が盛りですし、これから咲き出す花芽もたくさんあります。
s-08・03月山 (137)

月山は通ったことがありますが、今日は何故か新鮮な気持ちがしました。下道を使って行ったり、暫らくぶりだったからでしょうかね。

花もたくさん見られましたし、下道を使っても一日半で、月山往復できることがわかりました。大きな収穫です・・・。

帰りは、日本海側を使って帰りましたが、これは距離も時間もかかりました。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/04(火) 11:10:35|
  2. 山行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1 | page top↑
<<猛暑 | ホーム | キツネノカミソリ>>

コメント

1日半で行ってこられるのですね、
下道は会津からですか?
あとで話を楽しみにしています。
  1. URL |
  2. 2015/08/04(火) 20:48:58 |
  3. ダンボ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nobuoosan.blog21.fc2.com/tb.php/557-7d40a79a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のぶおおさん

Author:のぶおおさん
絶滅危惧種で鳴神山に
咲く「カッコソウ」です


「雑木頂」
日々の想いを書き綴っています

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近のトラックバック