山旅

山行記録と山や花の写真を公開しています。

唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走 NO2

9月10日 (水)晴
今日は2日目のアップです
朝4時起床です 今朝は氷点下まで温度は下がりました
寒さ対策はそれなりにしてきたのでテントの中も外に出ても大丈夫でした
まずお湯を沸かして味噌汁を作りました 朝食はとりあえずこれだけです
そのあとコーヒーを飲んでテント撤収です隣の岐阜からきた御夫婦には昨夜朝早いと
断っておきましたがやはり音をたててしまいますごめんなさいと心で謝りつつ
撤収を済ませ朝の写真を撮ります
(まだ日の当たる前の剣です)
s-08・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走D1 048
(少し剣に日が当たりました)
s-0<br />8・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走D1 058
(唐松岳にも日が当たりました)
s-08・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走D1 062
少し明るくなるまで写真を撮ってヘッドランプ無しで歩けるまで待っていました
知っている道ならヘッドランプをつけて歩くのですが初めての道ですし荷物も重いので
ヘッドランプ無しで歩けるようになってからのほうがよいかなと------
今日の行程はキレット小屋までです  そこまで行き着けるか不安がありましたが
頑張るしかないと自分を励まします
この時間だとまだ涼しいのでけっこうペースが上がります
稜線にも日がさしてきます
富士山も見えました
s-08・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走 012
五竜岳がますます大きくせまってきました
s-08・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走 014
まだこの辺だと体も気持ちにも余裕がありました
予定より少し早く7時50分には五竜小屋に着きました
s-08・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走 018
ここで昨夜作っておいた山菜おこわのご飯を食べ五竜岳の登りにそなえます
8時10分いよいよ五竜の登りですコースタイム約1時間とありましたが
いや~手ごわかった山頂に登りついたのは9時40分になっていました
1時間半かかったことになりました
しかし展望は最高です
これから登る鹿島槍が聳え
s-08・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走D1 067
鹿島槍の奥には槍ヶ岳
s-08・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走 021
右手には剣岳
s-08・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走D1 068
後ろを振り返れば歩いてきた道と五竜小屋や白馬の山々が
s-08・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走D1 066
じっくり休んだ後名残は尽きぬが という心境を振り切って出発です
ここからはいよいよG4 G5と岩場や痩せ尾根が続きます
何とかタイムどうりに歩けてはいますがクサリ場や鉄ハシゴが続き もう写真を
撮ったりする余裕はありません 疲れも溜まってきます
12時40分 口の沢のコルに着いたときはヘロヘロです水を飲んで飴を口にするのがやっとでした
それでもここまでくればキレット小屋まで1時間半です
でも今日はここからが一番きつかった 行けども行けども小屋に着かず
小尾根を回り込むたびに今度は小屋だと なんど思って小尾根を回り込んだことか
小屋が見えたときのあの安堵した気持ちは------なんとも形容しがたいです
14時10分小屋到着です(キレット小屋にはテンバが有りません)
受付を済ませ部屋の2階まで上がる時の辛いこと-----
荷物も放り出すようにして横になり
夕食まで水をもらいに行っただけでずっと横になっていました
夕食はおいしかった~~~
その後は夕日の撮影です疲れていても 写真を撮るものの習性ですかね
東谷に夕日が入りました小屋の前は深い谷です黒部の源流のひとつでしょう
s-08・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走D1 069
夕日が剣の肩に沈みました 感動の一瞬ですね
s-08・09・8~11唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走D1 077
今日は早くお休みします明日も早立ちです
扇沢から一気にキレット小屋まで来たお兄さんが隣でした
若い人は強いな~とその時は感じましたが--------
おやすみなさい

スポンサーサイト
  1. 2008/09/15(月) 17:34:26|
  2. 山行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9 | page top↑
<<唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走 NO3 | ホーム | 唐松岳~鹿島槍~扇沢縦走 NO1>>

コメント

お疲れ様です(^^)

二日目もいいお天気だったのですね(^^)
素晴らしい景色を見せていただき・・・
それだけで行った気分になり感動してしまいます。
一番下の剣と夕日最高です(^^)


  1. URL |
  2. 2008/09/15(月) 21:56:15 |
  3. ひめ #4jeLTJQM
  4. [ 編集]

良い眺め!!!!!

いや~良い眺めですね、うっとり見てしまいます。
  1. URL |
  2. 2008/09/15(月) 22:23:57 |
  3. Shige #-
  4. [ 編集]

お疲れ様でした。

過酷な山歩きの様子が良くわかりました。
もう朝は氷点下なんですか?寒さも厳しいですね。

それでも山の景色を拝見していると、
さぞかし気持ち良いんだろうなぁ~と思います。
自分の目で見られることは皆無かもしれませんが、
写真で楽しませていただきました。

日が沈んで行く山は美しいですね・・



  1. URL |
  2. 2008/09/15(月) 23:06:07 |
  3. えにし #JalddpaA
  4. [ 編集]

お天気でよかったですね・・

こんばんは~
縦走されたんですね・・お疲れ様でした。
単独行で何時も感心します。
唐松~五竜~鹿島槍はまだ鹿島槍しか行った事がありません。
雄大な景色に見とれますね(^^)
3泊4日の時のザックの重さはどのくらいでしょうかね?
15~6kg位ですか?←僕は15kgが限度です(^^;)
  1. URL |
  2. 2008/09/16(火) 22:04:27 |
  3. よっちゃん #9QUliHvc
  4. [ 編集]

>ひめさんこんばんわ

そうなです天気には恵まれました
山はやっぱり天気次第ですね------



>shigeさんこんばんわ

いい眺めでした剣がついてまわってくれました
shigeさんの足もだいぶよくなったようで
秋の山は何とかなりそうですね




>えにしさんおかえりなさい

着物で銀座から甲州まで足をのばしてブドウ狩りとは----
山の朝は寒いのですが日中は夏の日差しより強いので
かえって暑いです 
天気には恵まれて北アルプス堪能できました
  1. URL |
  2. 2008/09/16(火) 22:10:28 |
  3. nobuoosan #-
  4. [ 編集]

>よっちゃんこんばんわ

夏は天気が安定せずにいけなかったのですが
やっと北アルプス行って来られました
ザックはゴンドラに乗るまえの計量で22kgありました
今回は岩場や痩せ尾根が沢山あるので荷物はかなり
減らしたのですが一人でテント泊だとどうしても荷が増えます
  1. URL |
  2. 2008/09/16(火) 22:23:25 |
  3. nobuoosan #-
  4. [ 編集]

お疲れ様でした。
 
写真を見ているだけで 感動です。
登ったらさぞや・・と思います。
先日の市内を何年ぶりかで一望で感動ものの私ですから。
(レベルが違いますね)
夕日の写真 とても素敵 同じ場所にいるような錯覚をしてしまいそう。
朝の蒼い時の写真も私はとても好きです。
この雄大な自然をそのまま後世にと願います。

私には 行けないところ 会えない光景をみせていただき
ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2008/09/16(火) 22:24:38 |
  3. ジャックの恋人 #-
  4. [ 編集]

>ジャックの恋人さんこんにちわ

コメントありがとう 山は展望がきく時と天気が悪く展望が
きかない時では充実感が違いますね-----
  1. URL |
  2. 2008/09/17(水) 10:01:57 |
  3. nobuoosan #-
  4. [ 編集]

 唐松のテント場では楽しいひと時をありがとうございました v-273
唐松から五竜岳そこからキレット小屋まで重い荷物を持って
頑張りましたね。 v-91  お疲れさん パチパチパチ

 お互い天気に恵まれ素晴らしい v-212 が撮れてよかったですね。
今年の登山は人の出会いが楽しいシーズンでした 
v-263 からいろんな楽しさや感動をもらい v-263 に感謝しています

 ブログお上手にできていてビックリしました
これからも楽しみに読ませていただきます

  1. URL |
  2. 2008/09/20(土) 12:22:33 |
  3. janダルマ ママ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nobuoosan.blog21.fc2.com/tb.php/66-e37f2b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のぶおおさん

Author:のぶおおさん
絶滅危惧種で鳴神山に
咲く「カッコソウ」です


「雑木頂」
日々の想いを書き綴っています

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近のトラックバック